パンダ警備合同会社|徳島市内の交通誘導警備、イベント・雑踏警備。男女警備員も大募集中!

  • 男女警備スタッフ募集中!
  • 経験者優遇、未経験者もOK!
  • 24時間/年中無休
  • いつでも連絡いけますが、イタズラ電話やめて下さいな。
  • 088-602-7020
  • 募集要項はこちら
TOP >  偶然

NEWS

2020/12/22偶然

去年の今頃は、足を骨折していた。

年末から年始にかけては足だけフランケンシュタインだった。

そのせいもあってか足が完治してからも

足の血行、血流は悪く冬になると

よく足が腫れたりしだした。

今年もまた、そのような事が起き出した。

先週ぐらいからやたらと足が腫れ出した。

特にピークは、夕方から夜、夜から夜中にかけてだ。

そしてそれがやたらと痛い。

歩くんも歩けんし寝るんも寝れん始末。

ただ去年は足がかゆかったのだが今年はかゆみはなくただただ痛いのだ。

かなり歩けんぐらい痛かったので周りの人達が

もしかしたらほれ「痛風ちゃうで!?」と言われたり

ほんなん「遺伝じゃわ」とか言うので

確かに見覚えはある事はあるのだ。

私の血縁関係者で痛風になってる方がいたからだ。

ただ私とその方とでは食生活からありとあらゆる

全てにいたり異なる事をご理解いただきたい。

血縁関係者の情報は、本人のプライバシー、コンプライアンス、

名誉もあるので敢えてこれ以上の話はご遠慮させて

いただくとする。

とにかく、このままでは年を越せないと思い

病院に行く事にした。

病院の待ち合い室で待っているとふと本棚を見たら

やたらとハルキストの小説が並んでいるではないか。

その量がやたらといや半端なく多いのだ。

でも私はハルキストではない。

どちらかと言ったら嫌いというかあまり好みでない。

その地点でこの病院を誤り失敗したと思った。

しかしこの病院ときたらネット情報のコメント欄を見ると

先生の目利きが良いとか出ていて全体的に評価が高いのだ。

コロナというのに待ち合い室にも沢山の患者で溢れかえっていた。

ただしかしいつまでもジッとして待てないので

本棚にズラ~っと並んである小説を一冊手に取って読み始めた。

パラパラっとページを捲っていたら

私の大好きなチャールズ•デイッケンズの事が書かれている文面があった。

そしてその書かれている話のストーリーが楽しいのだ。

何気なくページを開いたのだが、一度読み始めると、

本を置くことができなくなってしまった。とっても心地良いのだ。

あれだけ嫌いだったのが共感し暫く私もハルキストになっていた。

それより足の話に時を戻そう。

結論から言うと心配していた痛風ではなかったのだ。

尿酸値も正常だし至って顔色も良く大丈夫だというのが

この先生のお見立てでした。

痛風だったらもっと足が紫色になるみたいです。

結果的にただの「しもやけ」でした。

血流を良くする為の飲み薬💊と風呂上がりにつけるクリームを

いただきました。

早速昼からお薬を飲んだらほんまに嘘のように腫れもひきだし

昨夜はぐっすり眠れましたとさ。

偶然の符合がいくつかかさなり、その結果思いも寄らない場所に

導かれそして辿り着きました。

ハルキストがもたらしたいくつかの偶然にも感謝。

今日も1日御安全に!!!🐼

こちらもどうぞ